安心して据えるからこそVAPEにもマナーが必要

水蒸気の煙を作りだし、あたかもタバコを吸っているような感覚にひたることができるのが、おしゃれな電子タバコとして人気のVAPEです。一見するとタバコのようには見えない本体は、まるで近未来のキセルのようです。その煙は水蒸気でできているため、普通のタバコのようにニコチンやタール、さらには副流煙を含みませんので、欧米でも街中で吸えるタバコという認識でとらえられています。日本でも徐々に利用者が増えてきているところですが、利用にあたってはマナーをわきまえることが大切です。いくら害のない煙だからと言って、やはり口の中に入れて吐き出すものである以上、人の顔や体にかかるような吸い方はマナー違反です。この煙は大丈夫という安心感の上に胡坐をかき、くれぐれも嫌われることのないように、スマートな吸い方もマスターしておくべきなのが、VAPEというもののようです。

VAPEの上手な扱い方を知ろう

リキッドを装着して好みのフレーバーの煙を楽しむことができるVAPEは、電気で動かす電化製品です。火をつけたらずっと煙が出たままの普通のタバコとは違い、スイッチを入り切りすることで煙を出す、止めるという操作をすることができる点が、大いに異なるところです。そのため、VAPEを上手に扱うにはちょっとしたコツがあります。吸いながら煙を出すボタンを押すのではなく、ボタンを1秒間押した後に水蒸気の煙を吸い込むという方法をとります。こうするとリキッドフレーバーの香りをたっぷり含んだ水蒸気の煙を口の中いっぱいに吸い込むことになり、より楽しめるようになるというわけです。愛煙家にとって、VAPEから得られる煙は軽く、頼りないと感じられるのは、ニコチンなどの成分を含まないためですが、その頼りなさを補うためにも、リキッドの香りを十分堪能できる吸い方がコツのようです。

VAPEでもくもくと煙を出してみたら

VAPEはスイッチ一つで煙を出したり止めたりといったことができる、電気で動かす電化製品です。そのため、この特徴を大いに生かし、大量の煙を作り出すこともできます。タバコの代わりにVAPEを用いて禁煙に取り組みたいという人は、どうしても水蒸気の煙に物足りなさを感じてしまいます。ニコチンやタールといった成分を含まない煙は、ふわふわとして頼りないからです。その頼りなさから、禁煙を志して手を出すまいと誓ったタバコに手を伸ばすことにならないためにも、電化製品である特徴を生かし、大量の煙を作り出す設定にする人が多くいます。もともとは海外ではやったこともあり、たくさんの煙で人を驚かせたりといったサービス精神が旺盛だからでしょう。そのつもりでやってみたところ、大量の煙におもいのほか満足感を得られたという声が多いことから、禁煙効果に最も期待する日本でもやってみる価値ありです。

英国製ニコチン入りの電子タバコ(VAPE)リキッドを日本在住の個人向けに直送販売(個人輸入)を行っています。 世界40カ国での販売実績の電子タバコブランドが日本初上陸!電子タバコトップブランドです! 中国製ではない信頼できるリキッドがサイトで購入可能! 火をつけないので火事や火傷の心配なく、副流煙も発生しない。水蒸気なので臭くならずにおいも残りません 人気のVAPEブランドは高品質のリバティフライツで