海外で大人気の電子タバコVAPEの国内事情

海外で人気となっている電子タバコVAPEは、国内むけにローカライズされ専用の通販サイトがあるくらいに広まってきています。従来のように禁煙のための補助ツールというよりは、むしろ新しいユーザーを獲得してきています。見た目がオシャレでカッコいいという評価を得ており、若者を中心にウケているのが海外の状況です。電子タバコであれば、有害な煙が出ないために、周囲に気兼ねなく楽しむことができるというのも人気の理由の一つです。但し、見た目はタバコを吸うようなスタイルですので誤解される側面もあります。水蒸気を吸うだけで、タバコではないという主張をするユーザーもいますが。国内ではまだ、電子タバコの認知が広まっていないというのが現状です。やはり公共の場で電子タバコを楽しめる機会は時期尚早という雰囲気があることは否定できません。

VAPEで健康被害を食い止めよう

増税対象として絶好の商品といえば、日本においてはタバコとお酒です。この二つは税金の塊と言ってもいいほどで、これからも増税が検討されるたびに値上がりしていくことでしょう。苦しくなるばかりの経済事情で禁煙を志す人も多い中、その解決方法となっているのがVAPEです。日本ではリキッドにニコチンを含むものは認められていませんので、タバコの銘柄のフレーバーでもあくまでも香りと味わいだけを感じられるようになっています。それでも煙の量を増やすことによって、タバコを吸っているという実感をより強く脳に意識させられるようで、本物のタバコに手が伸びる回数を減らせた人が増えてきています。リキッドには高価なものもあり、本物のタバコの値段とそう変わらないということになるかもしれませんが、健康への影響は間違いなくいいことから、医療費の節約というメリットにつながりそうです。

VAPEの秀逸さは体験してみて納得

禁煙を試みた経験がないという喫煙者は、禁煙にトライしてみた人に比べるとはるかに数が少ないと思われます。それくらい、誰もが禁煙しなくてはと考えながらも、結局は挫折してやめられずにいるのがタバコだということがわかります。これはやはりクセになるニコチンによるもので、ニコチンが少なくなってくるとイライラしたり、無性に吸いたいという気持ちになってしまうからです。これを意思の力で封じ込めるのは、並大抵のことではありません。そこで、何か代用品を用意することが大事です。それをやってくれるのが、電子タバコのVAPEです。水蒸気の煙をもくもくと出してくれますので、リアルにタバコを吸っている気分になれるところがまず秀逸です。そのうえ、メントール系のリキッドなどはかなり刺激的なことから、吸ったときの満足度も高く、禁煙の手前の減煙なら難なく成功という例も珍しくありません。