女性にも魅力的なVAPEの使い道

スイッチを操作することによって水蒸気で作った煙を吸ったり吐いたりできるVAPEは、気分転換にも最適なアイテムとして、最近、日本でもネットショップなどで取り扱われることが増えてきました。たいていの人が禁煙をしたい、あるいは減煙の足しにでもなればと購入していますが、なかには口さみしいからと常にキャンディなどを食べてしまうので、それを防止するためにダイエット目的で購入する女性もいます。確かに口さみしくなった時にパチッとスイッチを入れ、甘い香りのフレーバーの煙を吸ったなら、脳は甘いものを食べたような錯覚に陥るでしょう。あるいはミント系のフレーバーなら、シャキッとした気分になれるかもしれません。さすがにデスクで吸うのははばかられますが、女性向けには細身のタイプもありますので、これなら給湯室でちょっと吸うといったことができそうです。

VAPEなら精神的に安定した気分でいられます

タバコを吸うとイライラした気分がスーッとおさまるという愛煙家の声は、昔から多く聞かれます。成人男性になればタバコを吸うのは当たり前という考え方だった時代から、健康に対しては百害あって一利なし、さらに周りにもダメージを与えるということがわかってから、タバコに対する風当たりはかなりきつくなりました。その結果、吸っている本人すら罪悪感を感じていることが少なくありません。その点、VAPEはニコチンやタールといった成分を含まない水蒸気でできた煙であることから、吸っているときに精神的ストレスが少なくなるという調査結果が出ています。タバコをずっと吸ってきた人からすると、煙に重みがなく、頼りないという不満はあるものの、VAPEなら健康に被害がないと感じながら吸うことで、精神的ストレスは緩和されているというわけです。どちらがより重要かは人によって異なるものの、悪いことではありません。

脳をその気にさせてしまうVAPEの力

タバコをやめられない人というのは、タバコを吸っていることによってリラックスしているところがあると思われます。もちろん、ニコチンが少なくなってくるとイライラしてきたりといった症状が現れるので、吸うとそれが落ち着くということも大いにあるでしょう。これは、常に何となく口さみしいからとキャンディやチョコレートを口にポイっと放り込む習慣のある人と、どこか似ているといえます。そのどちらにも改善効果を発揮してくれそうなのが、電子タバコのVAPEです。VAPEにはさまざまなフレーバーがあり、禁煙目的でタバコの本数を減らしたい人には、比較的強めのメントールが効果的です。一方、甘いものがほしくなるというような人は、バニラなどのスイーツ系やフルーツフレーバーのリキッドがいいでしょう。煙で脳をその気にさせる方法は、意外とうまくいくかもしれません。